掃除道具

自分の家がゴミ屋敷になってしまったら

掃除機をかけている女性

自分の家がゴミ屋敷と化してしまったとき片付ければよい、と言われればそれまでですが、そんなことができればゴミ屋敷は作りません。最近、ニュースなどでも取り上げられているのが行政による強制執行。以前は、ゴミも資産と言うことで行政介入はできませんでしたが、その制度も新条例などで徐々に崩れ段階を踏んではいるものの採取的に強制執行され全て没収されていきます。
きれいになるなら良いのではと言うのは甘い考え。その撤去費用は全て請求されてきます。量により幅はありますが、数万円から数百万円に上ることもあります。しかも強制執行されるということになると周りの印象も悪くなります。そうなる前に、自分で業者を依頼するのが一番の方法です。
最大の一軒丸ごとの処理となっても行政のように数百万円は通常ありえません。30万円ほどが相場です。しかも、行政のように強引に大人数で押し入ってくるわけではなく、きちんと処理するものしないものを丁寧に分けながら作業してくれて、最後にはきちんと掃除までしていってくれるのです。
もちろん、行政とは逆のお客様扱いです。ゴミ処理業者を呼ぶの恥ずかしいと思う方もいるかもしれませんが、そんな心配は要りません。不用品だけ回収する場合や、決められた箇所だけ掃除してもらうなど一般の人もよく利用している不用品回収業者が行うことがほとんどです。まずは電話し人生を明るく導いてみてはいかがでしょうか。